間に合いますか?

投稿者:江本剛
この時期に塾を訪れる大学受験生達に聞かれることがあります。

 

「先生、本番までに間に合いますか?」

 

この質問に対してはYESともNOとも答えられない。

それはね、あなた自身の「勉強に対する向き合い方」によっていくらでも変えていけるものだからです。

私達講師陣はそれぞれの担当教科のカリキュラムを作り、間に合うように教えていくことができます。

大学入試本番で、あなたに合格点を取ってもらうために。当たり前の話ですが。

 

しかし、間に合う人もいれば、間に合わない人がいるのも事実です。

 

成績が同じくらいで、志望校も一緒、学習スタートの時期も同じ。

合格を勝ち取る受験生(Aさんと設定します)もいるし、不合格となってしまう受験生(Bさんと設定します)もいます。

 

残念ながら不合格となってしまったBさんは、授業内容を理解できていなかったのでしょうか?

 

いいえ、Bさんはしっかりと理解していました。習った直後の問題演習ではAさんと同じペースで問題を解くのです。しかも全問正解です。

仮に、この段階で受験本番を迎えてしまった場合、AさんもBさんも不合格となる可能性が高い。

理由は簡単です。



「自力で解ける力」を身につけていないから。



本番では、その問題の解法を教えてくれたり、お膳立てしてくれる人はいません。

自分でヒントを探し出し、自分で解答を導き出せる力が必要なのです。

その力は「教わっただけ」では絶対に身につけることができません。

 

そう、授業が終わった後の行動が合否を分ける。

 

Aさんは授業が終わったあと、その日扱った問題を本当に自力で解けるかどうか「再確認」します。

確認が出来たら必ず類題の問題演習を行う。しかもこの行動を授業が終わった直後にとります。

授業直後は記憶が新鮮で、勉強効率はとても良い。一見大変そうに見えるが、実は最もクレバーな方法をとっている。



この行動がとれるから、大学入試で合格となるのだ。



Bさんは今日の授業が理解できたことに安心して「今日はゆっくりできる」と勘違いし、

儲けた時間を趣味や娯楽に費やしてしまう。「わかっただけ」で終わらせているため、

次の授業で確認テストをすると、もうその問題は解けなくなってしまっているのです。

 

この行動をとってしまうから、大学入試で不合格となるのだ。

 

次の授業でAさんは新しい単元に進むことになりますが、Bさんはまた同じ単元を復習しなければなりません。

毎日のわずかな差が積み重なり、埋め合わせが困難と感じるほどの大差となる。

私達講師陣も生じてしまった大差を本番までに取り戻そうと、いつも計画を修正していくのですが、

覚える知識量、演習量を減らすことはできません。「絶対量」ですから。

わかると思いますが、かなりキツイ学習計画になるのは当然です。



その学習計画を提示されて、やり抜く人もいます。


私の教え子には気が遠くなるような学習計画を実行し、圧倒的不利な状況から合格を勝ち取った子達がいます。

諦めなかったから「間に合った」、諦めたから「間に合わなかった」のです。


差し迫った状況であっても、間に合う方法はあります。

しかし、あなたがそれを実行しなければ決して「間に合わせる」ことはできないのです。


志望校はあなたの前から逃げ出すことはありません。

逃げ出すのはいつもあなた自身です。



大学入試とは、「自分のための入試」であることを深く心に刻んでおいてください。

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


テクニック

投稿者:小林優里子
難関校多数合格を目指す大手塾ではいかにしてテクニックで効率よく解くかということを指導しています。

例えば、

半径5cmの円の中に半径3cmの円があり、2つの円の間の輪になった隙間の面積を求める問題で、

式を簡単にまとめます。

本来は

5×5×3.14−3×3×3.14=50.24

となるのですが、3.14を2回かけての計算は煩雑で計算ミスをおかしやすいです。

そこで、

(5×5−3×3)×3.14=50.24

と最初にひき算をして後からまとめて3.14をかけると

×3.14の計算が1回で済むというものです。

これをやり方ばかりすり込まれ、

何故そうなるのかという理屈がお子さんに入っていないと間違いがおこります。

実際

(5−3)×(5−3)×3.14=12.56

と出すまちがいが多々あります。

これは、とにかく大きい円(の半径?)から小さい円(の半径?)を

先に引けばいいんだと間違った思い込みをしてしまうのです。

こういった学習の積み重ねはやがて破綻をきたします。

私は

「何故そうなるのか?」を

そのお子さんの理解できる説明でとことんすりこんでいきます。

「何故そうなるのか?」をとことん理解したお子さんは

次回より間違いなく効率良い解法を自分のものとして

活用できるようになっています。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


算数で苦労している子は…

投稿者:桐戸宏仁
たとえば、

「4%の食塩水300gがある。これに8%の食塩水を加えて、6%の食塩水を作るとき、8%の食塩

水は何g必要ですか。」

という問題があったとします。

簡単に言えば、

「4%300gに8%を混ぜて6%を作る。」

ということなのですが、

ここにポイントがあります。

「この問題は何をやっているの?」

と聞いた時、問題が解けない子の多くは、

「4%の食塩水が300gあって、8%の食塩水を混ぜて、6%の食塩水を作るとき、6%の食塩水

が何g必要なのか…。」

と説明してくれます。

お分かりの通り、これは問題文をそのまま言っているだけであって、

算数を解く準備ではありません。

問題を解く過程で「食塩水」という言葉は必要ありませんし、

「何g必要か」は計算してから分かればいいことです。

つまり、問題文を如何に簡単に読めるか?

ということが算数を解く上では大切になります。

この問題の場合、ポイントは「何に何を混ぜて何を作るのか」さえ分かれば、

面積図でも計算でも解くことはできるのです。


問題のポイントをおさえられていなくても解けてしまう子はいますが、

算数で苦労している子は、この辺を試してみるのもありです。

実際、本人に言わせて、それを確認、修正していくことが必要なので、

手間もかかりますが、お試しあれ。
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


環境を整える

投稿者:天野雅紀
「テレビやゲームばかりして・・・」とかの相談をよく受けますが、解決方法はいくつかあると思っています。

一番、簡単なのは、テレビやゲームをなくしてしまえばいいのです。

話題についていけないとか、友達との関係が・・・とかあるかもしれませんが、

何を優先させるかです。

友人関係を優先させるなら、それで構わないと思います。

但し、テレビやゲームは続くことになります。

「勉強を優先させる」なら、テレビやゲームのない環境(状態)にするのが一番です。

極論かもしれません・・・。

部活が忙しくて、テレビやゲームする時間のほとんどない中学生、高校生はいると思うのです。

でも、「部活を優先する」なら、我慢できると思うのです。

部活が忙しいのに、テレビやゲームもしたい、というのは、両立が難しいでしょう。どちらをとるか、です。

私は、日頃テレビをあまり見ません。

仕事柄、昼間から夜の番組は見られません。見

るのは、出勤前と帰宅後ですが、帰宅時にはほとんどテレビが映っていません。

テレビ放映が終わっています。

それに、先日までDVDレコーダーが調子が悪く、録画もできない状況でした。

ですので、この春の入試終了までは、帰宅してからもまったくと言っていいほど、テレビを見ませんでした。

でも、別に困りませんでした。

DVDレコーダーの不調は、春に時間ができてから、直しましたが、

正常に録画できるようになっても、録画することはほとんどありません。

テレビなしの状況に慣れてしまったためだと自分では思っています。

話がずれてしまいましたが、

要は、環境次第でどうにでもなるということです。

テレビやゲームばかりするのは、それらがそこにあるから、です。

その環境に慣れてしまっているからです。

その存在をなくすことは難しいとは思いますが、何を優先すべきかを考えてみてはどうでしょうか?
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


国公立大学に合格するということ

投稿者:江本剛

「国公立大学に合格するということ」

国公立大学の前期試験合格発表当日。毎年、緊張の瞬間である。

全員合格!がもちろん希望であるが、そう簡単にはいかない。

全国の国公立大学の定員を足し合わせると、いったい何人になるのだろうか?

 

約12万人である。

それでは、国公立大学の最初の関門、センター試験の受験者数はいったい何人いるのだろうか?

 

昨年度の申込者数は約58万人、受験者数は約55万人

年々増加傾向にある。

55万人のうち12万人だけが国公立大学に入学することが許される。

大学全入時代と言われていますが、「国公立大学に全員入学できる」という意味ではない。推薦で行くにしろ、大学入試で勝負して合格するにしろ、かなりの努力が必要である。

そして、孤独な戦いである。

国公立大学の入学試験は毎年2月25日である。

その日までに、周りの人間が推薦で合格し、私立大学の入試で合格するなど行き先が決まってしまう。

 

しかし、自分の入試はまだまだ先である。

これは、本当に苦しい。

合格して浮かれている人を見ながら、自分はかなりのモチベーションで勉強していかなければならない。

本当にイヤだろうが、そんな思いを振り切って努力しなければ合格することはない。

そして、国公立大学合格を争うということは、自動的に「偏差値50以上」で勝負するということである。つまり、全国平均を下回っている人は国公立大学合格を争う土俵にさえ上がっていないのだ。

中学生の時の「偏差値50」と高校生の「偏差値50」というのは全く別もの。

高校生の偏差値50というのは、大学進学を目指している人達の中でのはなしである。

では、どういった人が土俵に上がれないまま終わるのか?

ちょっと取りあげてみましょうか?      

 「こうすると国公立大学に絶対合格できないシリーズ」

その1  暗記できないと嘆いている受験生

国公立大学に合格していった受験生から一度も聞いたことがない言葉。それは「暗記ができない!」である。国公立大学を狙っているのに「暗記ができません」なんて、「行く気がありません」と言っているのと同じである。はっきり言って論外!

その2 定期テスト準備期間だけ本気になる受験生

定期テスト前にしか勉強しないなんて論外!志が低すぎる。

その3 最初から浪人する気満々でいる受験生

高3の最初から「浪人」を視野に入れて過ごしてしまう人は論外!すでに始まっている受験生活からの単なる逃避行動だ。

言っておきますが、「現役生が一番伸びる」のです。

頑張らないまま浪人生活に突入しても、何も効果がありません。現役生の時に「あと一歩で合格だった」というところまで持ち込まないと、永遠に合格しません。

まれに、現役時代を浪人覚悟で終えた受験生で「浪人して、かなり上がった!」という人がいますが・・・。彼らの努力は想像をはるかに超えている。

彼らに「浪人時代はどうだった?」と聞くと、

「気が狂いそうになった」「精神的におかしくなりそうだった」

なんていう答えが返ってきます。

その4 睡魔に勝てない受験生

青春時代真っ只中の高校生は・・・・とにかく眠い!成長期ということもあり、体が睡眠を要求してくる。しかし、これに負けてしまうと・・・・学校の授業中に居眠りして何も覚えていないなんてことも。

「学校の授業は楽に復習できる大切な時間」。自分でテキストを開いて同じ内容を勉強するよりもストレスが溜まりにくい。こんなチャンスを逃しまくっていれば、当然・・・・無理ですね。

その5 得意科目だけを勉強している受験生

得 意科目だけを勉強しても点数はあがりません。得意科目を勉強しているとやる気も出てくるし、勉強が楽しい!満足感も得られる。その科目はあなたの「強み」 ですが、試験である以上、「配点」というものがある。どれだけがんばっても満点以上取ることはありえない。総合点を上げるには、「苦手科目」で大きなマイ ナスにならない点数を確保しなければいけません。受験勉強は「面白くない」ことにも精を出さなきゃいけないのです。

その6 高校入試と同じ感覚で勉強しちゃう受験生

特に現役生に多いのですが、高校入試と同じペースで勉強しちゃう高3生がいます。言うまでもなく、間に合いません。国公立大学はそんなペースで合格できるほど甘くありません。

その7 生活の中心を受験勉強に置けない受験生

「受験勉強最優先!」で考えていない場合はかなり危険!!片手間で合格できるほど、国公立大学は甘くない。キワキワで勝負しなきゃ。

その8 楽な勉強法を追い求める受験生

新勉強法を追い求めることが大好きな人は、「追い求める」だけで「実践しないまま」受験生活を終了する。当然、「勉強法」という科目は存在しない。

その9 「・・・・もらう」主義の受験生

「暗記させてもらう」、「問題を解いてもらう」、「1から10まで教えてもらう」など他力本願主義で受験生活を送っても国公立大学合格は到底無理。

「もらう」だけでは間に合わないのです。自分で解決できるところはどんどん解決していく。理解に苦しむ、どうしてもわからない場合は別の話。

こ れは、今後の大学生活にも大きな影響を及ぼす部分。大学の教授は暇じゃない。質問に行ったけど不在だったなんて話も珍しくない。しかし、容赦なく試験日は 訪れる。合格点に満たない場合は留年。自らの力で、教科書や図書館の蔵書を読みあさって理解・暗記まで持ち込まなければいけない。大学で習う基礎知識です ら難解。理解するのにとんでもない苦労をする場合が多い。有名な大学・難関学部になればなるほどその傾向は強くなる。

 

当然、大学側もそれだけの意欲を持った学生を欲しがっている。

  ・・・・こんなところですかね。

 国公立大学を目指している人は、それだけ過酷な戦いに挑戦しているのだ。

高校入試と比べると、大学入試はかなり違うことがわかると思う。

なぜ、こんな差が生まれるのか?

それは

「大学入試とは、自分のための入試だから」

全力で狙わないとね!!

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


| 1/43PAGES | >>

一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村