教わるだけでは難関校には届かない

投稿者:一柳忠宏
教わるだけでは難関校には届かない。
やらされているだけでは難関校には届かない。
難関高校への合格には主体性が必要不可欠です。
・自らを律し、大量の演習を自分でできる
・できるもの、できないものをしっかり区別できる
・できないものをそのままにせず、自らの課題としてできるようにする作業を地道にできる
と、自ら設定した目標に向けて
客観的に自らの課題を把握でき、その克服のために
怠惰にならず、時間を使い、頭を使い、ごまかさずに学習できること。
 
幼さは敵である。
依存心も敵。
受験勉強を通して大人にならないと、このステージまではこれない。
 
一徹での一柳の授業はどう導き、主体性を引き出すか。
一柳のスタイルに巻き込まれる
「モデリング」→「まね」から入ってもらう。
テストに対する意識、テストに対する準備、
中間期末テスト道場での長時間のテスト勉強 
これに巻き込むことから始まる。
 
手取り、足とりの指導→「コーチング」
あぁしろ。こうしろ。
あれやったか?これやったか?
これ完璧なんだろうな?
出来ない?じゃぁ、一緒にやろう。

この段階は早めに卒業したいところ。
ここに依存心が生まれると伸びることはなくなりますので。
 
できないところを支援→「スキャンフォルディング」
コミュニケーションで教えますという一柳の最大の力のいれどころ。
勝負所でもある。
最小のヒントで、粘り強く考え抜いてもらう。
トップ層になるための思考の訓練。
 
自分の頭で考え抜く、思考忍耐力が必要。
教えてくれないと辛いし、教えてほしいという依存心がマックスになるところでもある。
A→B
が勉強だと思っている子はここで脱落しかかる。
A→B
B→C
C→D
D→E
とヒントをもらって1つ1つはできるというのは
生徒も先生も自己満足でしかなく、点数にもならないし、思考力もつかず意味がない。
人の頭を使って解いていることになります。
A→B→C→D→E
と一人でやれないと点数にはつながらない。
 
時間がかかっても、ひとりでやれるようにすること。
そして、その時間を短くしていく。
いずれにせよ、ここに大量の演習が必要です。
それをこなせるかどうか。
見守る側も忍耐力が必要です(笑)
 
この一つ一つ思考をつなげていく大変さを
安易に「わからない」という言葉にしていることが多いのですね。
 
そこは心を鬼にしないと、同じステージにとどまることになります。 
 
生徒の思考からの逃避、
親御様や先生からみると成績の停滞がこのステージでおこります。
 
一番やってはいけないのが?手取り、足とりのステージに戻ること。
本末転倒。
この一番つらい?のステージを越さずに
難関高校へ必要な自立型思考を身につけることは
絶対にありません。
知的に怠惰な生徒を育てたくはないのです。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


成績上昇気流?

投稿者:一柳忠宏
(3)ミスをしない緻密さと簡単に点を落とさない緊張感は普段の勉強でしか養われない。

勉強を音楽を聴きながらやったり、マックとかでやる奴に受かる奴がいない理由はこれ。

緻密さと緊張感。

最後は自分と向き合うしかないんだ。

一問一問吸収あるのみ。

家で黙々と、塾で黙々と。

受験は最後1人で闘う。

だからこそ、1人で黙々とできるようにならないと勝てるわけがない。

合否は特別なところにあるのではなく、今日一日の日常生活の中、

君の隣にあるのだよ。

難関校だからこそ、一問のミスが命取り。

でも、それはミスではなくて、

日常が問われているの。

だからこそ厳しい。

緻密さと緊張感をどう育てるかを意識しなさいね。
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


成績上昇気流?

投稿者:一柳忠宏
(2)継続すること

継続は力なり。

上昇気流もそこからしか生まれない。

終わってもいないのに取り組む問題集がコロコロ変わっているような奴には

上昇気流なんて一生訪れない。

その問題集一冊からどれだけのことを吸いつくすかという意識を持て。

勉強の結果なんてすぐには出ない。受験ならなおさらだ。

やってもやっても結果が出なくて、

それでも信じて継続することで、

最後にやっと出ることだって毎年よくあること。

その合格は偶然ではない。

努力と継続は絶対に裏切らないから。

要は、沸騰するまで温め続けるしかないのだよ。

継続して。

お湯のままなのか、水蒸気になれるかの違いだよ。

100度になれば、体積1700倍って勉強してんだろ?

それを利用した蒸気機関は歴史を変えた。お前の人生も変わるの。

沸騰手前で継続をやめ、ぬるま湯になることを繰り返している奴がどんなに多いか。

時も時間もかけずに、楽で、魔法のような、カッコいい成績の上げ方なんてないことに早く気付きなさい。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


成績上昇気流?

投稿者:一柳忠宏
成績上昇気流について、

(1)受験に集中すること。

当たり前に思えるかもしれませんが、実はできていない奴が多い。

集中するとは、他を断ち切ること。

テレビ・漫画・携帯電話なんて捨ててしまえ。

お前が受験に集中することでいなくなる友達なんて友達でもなんでもない。

キリで穴をあけるという感覚が必要。

なでているだけで満足している奴が多い。

志望校合格だけに力と時間を使った奴とそうでない奴の差は、

当日までに半端なく開く。

そしてもっと怖いのは、集中していないことにも気づいていない奴が多いということ。

やっているつもりの自己満足ステージにとどまるな。
 
あの時勉強していればという後悔だけはなしにしなければね。

一徹的には、「後悔のない受験」という言葉。
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


100点主義

投稿者:一柳忠宏
100点主義について。

才能を開花させるためには、

80点主義で満足をしていてはダメなんだ。

ガチガチの100点主義でいかなくては。

「これくらいでいいや」は徹底的に排除する。

この20点の差は受験に対する「本気度の差」!

この差は途方もなく大きい。

まあ、普段の中間・期末で80点台なんてとって満足していたら

難関高校なんて到底無理だよ?

だって、範囲があるテストで80点の奴が

範囲のない本番で80点以上取ることはあるはずがないからね。

真剣に100点を狙うことでしか成績の向上はありえない。

100点主義とは?

? 「量を増やせ」

? その一問一問の吸収率をMAXに高める

・ごまかさない
・できるふりをしない
・できた気にならない
・答えまでのプロセス、理屈を大切にする
・周辺知識もひろっていく

同じテーマの違う問題が出題されてもしっかりできる自信が生まれてくるような勉強をしなければばらない!

2度目の間違いは「イエローカード」警告です。

3度目の間違いは「レッドカード」さようなら。

できない問題や覚えてない知識に出会うことは最大のチャンスであることに気づきなさいよ。

感謝しながらそのチャンスを活かすことが重要!!!
 
? そして??を緊張感を持って継続すること
 
???はセットです!

どれが欠けても本質的な学力向上にはつながりません。

偏差値を一気に上げようなんていう、ありえない「大きなこと」を無駄に求めるのではなく、

100点主義での1日1日、1時間1時間、1問1問の積み重ねという「小さいこと」を大切に!!
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


| 1/2PAGES | >>

一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村