漢検攻略

投稿者:大城直也
漢検さん、いろいろ問題ありましたが

毎年実施してます。

まあ、なんてったって日本に住んでるわけですから

日本語読み書きできないと問題になりませんよね(;^ω^)

でも漢検の攻略方法はとてもシンプルで

一番オーソドックスな攻略方法です。

1.目標を決める
→何級を合格するのかハッキリさせる

2.リサーチする
→結果を考えず過去問をやる

3.問題点をハッキリさせる
→できる問題とできない問題を分ける

4.問題解決のためにひたすら行動する
→できない問題だけ、覚える。
全問正解するまで、満点とるまで
同じ問題をする

5.チェックする
→満点取れるかどうか、全部覚えたかどうか確かめる

6.再度リサーチからはじめる
→違う年の過去問で2〜5を行う

各級で出題される漢字・熟語・慣用句などは

もちろん決まっているので

同じ問題がよく出ます。

だから3〜4年分の過去問を

上記の手順通りきちんとやれば

必ず合格できます。

合格できないのは能力ではなく

【できるまでやらない】



上記のような手順や勉強方法ではなく

【攻略法を間違えてるか】

のどちらかです。

2級までだったら

上記の攻略法で行えば

1日の勉強で合格できます。

僕がそうだったんで間違いないですよ(∀`*ゞ)エヘヘ

だからみなさん やりきってくださいな。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


年収と学力

投稿者:大城直也
ひょんなことから再度読む機会がありました。


「親の年収が高い子どもの学力は高い」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00000015-wordleaf-soci


僕は常々『習慣化=才能』と言ってますので

以前、読んだ時には「当たり前やん」って思い

そんなに気に留めてなかったのですが、

よくよく考えると

子どもたちを救う方法がもろに出てるのに気が付きました。



そうです。

親が年収を上げれば問題ないんですよね。

子どもたちに『勉強しろー』って言うだけでなく

親の年収が約920万円になれば

学力の低い子どもたちが減るっていうことですよね。


大人の私達が子どもを変えるのではなく

自分を変えちゃえば良くなるってことですよね。



子どもにとっての『点数』は

大人にとっての『お金』


とも言えます。


『点数』『お金』どちらもそれそのものには




価値はありません。




でも、

『点数』も『お金』も利用することで




可能性を、選択肢を広げるもの




です。

子どもも含め

他人はコントロールできるないですが

自分は唯一コントロールできます。


ここらで一丁

大人も奮起して、変わってみませんか?

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


くそくらえ

投稿者:大城直也
ちょと乱暴なこと言います。

目標の点数をとれてない間は

「個性なんてくそ食らえ」

です。

自分のやり方をやって来たから

今までと同じ点数なんで

自分のやり方を続ける限り

その点数が変わることなんてありません。

だから

目標の点数以上とってる人のやってること

そっくりそのまま真似するのです。

うちの塾では、今のところ

僕は生徒よりできるので(たぶん)

うちのやり方を

120%

コピーすればいいです。

心配しなくても

100%身に付けば

個性は自ずと出て来ます。

お仕事でもそうじゃないですか?

だから先ずは

個性なんてくそ食らえ

です。

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


できる

投稿者:大城直也
うちの塾では

【勉強は「できない」ことを「できる」にすること】

と教えています。

だから

勉強量=「できる」になった量

を指します。

「できない」から

不合格になるんじゃありません。

「間に合わないか」から

不合格になるのです。

だから

『間に合うようにするにはどうしたらいいのか?』

を自分に質問してみてください。

きっと答えが出ますから。

ある程度勉強ができる子のほとんどは

間に合わせるクセがある子です。

シンプルでしょ?(*´∀`)

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


なぜ勉強

投稿者:大城直也
うちの塾で教えていること

実はたった一つ

自分の能力(脳力)を上げ方

です。

問題の解き方も必要だから教えますが

でもそれって

学校の先生も

大学生でも

ちょっと賢い近くの席の友達でも

教えてくれます。

でも

自分の能力の上げ方は教えてくれません。

多分、教える人がわかっていないんだと思います。

「なぜ勉強しなければならないのか」

の子どもの疑問に

「将来のため」「いい大学に行くため」

「いい会社にいくため」

って答える子どもが多いのも

そんなことを言ってる大人が多いからだと思いますし

「なぜ勉強しなければならないのか」

という疑問を持っている大人もまだまだ多いんだと思います。

だからうちの塾では

「なぜ勉強しなければならないのか?」

に対して

「自分の能力を上げる力を身につけるため」

と答えています。

目標達成や夢を叶えるには

心身ともに

自分の能力を上げなければ叶いませんから。

だから勉強するのです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


| 1/2PAGES | >>

一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村