プラスαを続けよう

投稿者:ごんぼっち

今晩は、本日も粛々。

面白い記事を見つけました。

(引用開始)

建築家の安藤忠雄。

彼はコンペ(競技会)で設計を提案するときには、必ず、【おまけ】をつけたそうです。

『こうするともっと面白いですよ』というプラスαです。

すると、どうなったと思いますか?


『連戦連敗』


クライアント(お客)のオーダー(注文)通りにやりさえすれば採用されるのに、

ついつい望まれてないプラスαをつけてしまうことでそれが余計なことと見なされて落選するのです。

でも、やめずに続けました。

そんな余計なことを続けていくうちに安藤忠雄氏はどうなったか?


ご存知の通り、日本を代表する建築家『安藤忠雄』になりました。


プラスαを続けた分あなたの力になります。

余計なことをし続けよう。



メジャーリーガーのイチロー選手も同じようなことを言っています。

『ムダなことを考えてムダなことをしないと、伸びません。』



(引用終了)


その道のプロというのは、他のジャンルのことにも広く通じる真理をつかんでいるものですが、

安藤忠雄さんの発想も含蓄がありますね。



勉強でも、成績が伸びる生徒は、

「今やらなくてはいけないことを、完璧に仕上げる」ことを頑張ります。



そして、成績が伸びない生徒は、

「勉強のやり方が分からない」(=だからやらない。中途半端にやる)と言い始めます。



そして、爆発的に成績が伸びる生徒は、

常にいろいろな工夫をしています。

漢字を覚える時でも、ノートに練習しても覚えられなければ、

単語カードを作ったり、いらない紙に繰り返し書いたり、漢和辞典で調べたり、その漢字を使った熟語を調べたり・・・



中には、無駄に終わる勉強もあるでしょう。

いや、むしろ無駄に終わる勉強の方が多いでしょう。


でもそれが「無駄」と分かるだけでも大きな進歩です。

そして「考えたことがある」というのが、脳にはとてもとても大切な事柄なんです。



禍福はあざなえる縄のごとし・・・なんて言いますが、

効率と無駄も、あざなえる縄のごとしです。

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村