”暗記”か”理解”か

投稿者:Yossy
勉強を進めていくとき、「とにかく暗記しべきか」それとも「自分なりに理解してから進むべきか」と悩むことがあります。

学生時代のことですが、

英語が得意な友人に「英語は暗記ばっかりでつまならい」というと「暗記することなんてないじゃないか・・・?」と驚かれました。

同じように友人たちから「化学は覚えることばっかりで大変だ」といわれると、

「化学で覚えることなんてほとんどないじゃないか」と答えて、逆に不審がられました。

どうも、「好きな教科」「得意な教科」は、「暗記しよう」などと身構えなくても、自然に覚えてしまうようなのです。

そう考えると、まずはその教科を好きになること、得意になるまでがむしゃらに突き進むことも大切だといえそうです。

とはいえ、時間には限りがありますから、試験までの日にちが少ない時期には悠長なことはいってられません。

この場合は「暗記」優先がいいのかも知れません。

数学の公式がどう導きだされるのかが分からなくても、とにかく与えられた数値を代入して答がだせれば先に進めるからです。

高校入試、大学入試まではまだしも、その先の理系科目では、すべてを理解して先に進むのはほとんど不可能な場合もあります。

たとえば、シュレンジンガー方程式を解を自力で求めることができなくても、

それをつかった永年方程式を解いて、近似解を求めることができれば、それでよいということです。

ちょっと例が難しくなったかも知れません。

たとえば、問題集を1冊解くとして、解答を見ても先生に聞いてもどうしても理解できない問題に当たった場合、

いったんはそれはわかったということにして、先に進み、ずっと後になってもう一度もどってくると、意外にあっけなく解けることもあるのです。


他の問題を解いているうちに、一度目には足りなかった知識のピースが自然に身についていたり、考え方の方針・指針が身についていたりする・・・ということなのです。

「分からないからやらない」では一歩も前に進みません。まずはやってみること、前に進んでいくことが大切なのです。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村