学んだ知識の全体像を捉える

投稿者:歳弘明

例えば、中1の数学のテスト問題を見た時、

「教科書の○○の単元にあった問題だ」

「ワークの○○ページにあった」

とすぐに頭のなかに思い出すことができますか?

中1数学の教科書の目次を書き出してみます。

1章 正負の数 

2章 文字と式

3章 方程式

4章 比例と反比例

5章 平面図形

6章 空間図形

7章 資料のちらばりと代表値

こうやって書き出してみると、中1で勉強した内容を思い出しやすくなります。

中身が分からない引き出しに名前をつけるような感じです。

引き出しに名前がついていれば、何が入っているか見当がつきます。

そういう状態であれば、検索スピードが上がって、瞬時に必要なものを取り出すことができます。

 

毎日の勉強で学んだ知識は、最初、頭のなかに散乱している状態です。

ある程度、勉強して知識が定着してきた段階で、その知識を頭の中の引き出しに整理していきます。

その中には、勉強してきた内容や解いてきた問題がぎっしり(?)詰まっているはずです。

テストの問題を解くときは、その引き出しから必要なものを取り出して、正解にたどりつくのです。

頭の中を整理して、学んだ知識の全体像を捉え、テストで点数が取れる実戦的な力を身につけてください。

にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村