長時間学習はメリハリつけて

投稿者:小林優里子
だらだらと何時間机についていても意味はありません。

短時間に中身の詰まった勉強をするならメリハリをつけましょう。

スタート時に得意な科目をやり出したらそれを延々と続けるのではなく30分ほどで一旦やめ、

次に不得意科目を持ってきます。

それを最低30分〜1時間。

集中が途切れそうになったら

「ココまでやったら、さっきの国語の続きをやろう。」

または、休憩。

休憩なら次のスタート時にまた

「さっきの国語の続きからやろう。」

30分後に不得意科目。

この連続でメリハリをつけましょう。

これを継続することにより長時間の自宅学習が充実した中身になっていきます。

そして将来的には

このように集中力をコントロールしていくことを

お子さんご本人に気づいて欲しいのです。

「そっか〜 。こういうふうに勉強するとやりやすいんだね。」

と。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村