基本問題を大切に

投稿者:天野雅紀
実は、入試で合否を分けるのは「基本問題」です。

難問は間違える人も多いので、差がついているようで実は差がついていないのです。

中3の数学の入試問題を例に挙げれば、最後の証明問題が解けなくても、そんな生徒は少なからずいます。

でも、問1の1問目が間違っている生徒はほとんどいないと思います。ですから、もしその問題で間違えると、差がつきます。

どんなテストでも大切なのは、基本問題は絶対にとるということです。

そうすれば、その問題については、他の生徒に「負ける」ことはありません。

同点ですね。

まずはそこで同じ位置にたたなければなりません。

それで、他の問題での実力勝負に持ち込めるわけです。

基本問題でミスるのは、自滅行為ですので、避けなければなりません。

よく「見直しをしろ」といいますが、実は見直しをしても自分のミスには気づかないことが多いものです。

他人のミスには気づきやすいですが。

ですから、見直すことを最初から考えずに、1問1問その場で確実に解いていくという解法もあります。
(私はどちらかというとこのタイプでした)

いずれにせよ、合格を手に入れるには、「基本問題」を確実に得点できるようにトレーニングを積むことも必要です。
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村