フェノールフタレインは時間が経つと赤色から無色になる??

投稿者:江本剛
中和滴定の指示薬でフェノールフタレインというものが登場する。

中学生も知っている。塩基性側で赤色になり酸性側で無色になる。

中和滴定の実験後、フェノールフタレインが赤色に変化した。

しかし、そのまま放置しておくと、なんと無色に戻ってしまうのです。

なぜこんなことが起こるのでしょう??

ちょっと考えてみましょうか。

ヒントは「空気中に存在する気体」である。

これが溶け込むためにフェノールフタレインは赤色から無色に戻ってしまうのです。

空気中に存在している気体は、多いものから順に4つ並べると

窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素・・・である。

この中に、こんな現象を起こしてしまう気体が存在します。さて、どれでしょうか?

「解答編」は次の機会に!
 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村



一徹HP

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

講師

過去の記事

リンク

プロフィール

検索

ここに「自己紹介」と入力して検索すると、全員の自己紹介を閲覧できます。

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村